観光

千葉県は東京都に隣接し、所在する成田国際空港と、東京湾アクアラインなどを通じて羽田国際空港により、内外の観光客にとって来訪しやすい環境となっている。また、三方を海に面し広大な砂浜があり、多くの森林が残っているというため観光業が盛んである。

北西部では東京ディズニーリゾートやショッピングセンター、博物館などの施設がにぎわう。成田山新勝寺や佐原など、歴史情緒の残る地域では成田空港を利用する外国人観光客でにぎわう。沿海部では広大な砂浜を生かした海水浴場や干潟を利用した潮干狩り場がある。またいすみ鉄道、銚子電鉄などのローカル線なども観光に利用される。

観光客の誘致を主な目的として、富津市に海堡丼、鴨川市におらが丼が存在する。これらの丼は調理法などで分けたものはなく、店舗ごとに異なった丼に共同で同じ名前の付けアピールし、観光客の来店を促し消費につなげようとするものである。おらが丼はたびたび観光ガイドブックなどにも掲載され、県内では有名なご当地グルメである。

千葉県は漁業および農業ともに発達しているため、梨や房州びわなどの果物を加工したものや、鯨肉を利用した鯨のたれ、あるいは落花生の加工品や鯛せんべいなどが土産物として販売されている。一部地域の土産物としては、銚子電鉄などが販売するぬれせんべいが有名である。(引用:Wikipedia)

昨今のご当地ゆるキャラブームにより千葉県には様々なゆるキャラがいる。中でも船橋市在住で「梨の妖精」という設定のふなっしーは地域おこしの活動のほか、タレント・歌手・声優としても活躍しており全国的にも知名度はかなり高い。当初船橋市役所に売り込みをしていたが、いち船橋市民が個人的に始めたご当地キャラクターであったため受け入れられず市や県からは公認はされていない。公認されているゆるキャラはチーバくんという県のマスコットキャラがおり、赤い色をした犬のような姿で横から見ると千葉県の形をしているのが特徴。チーバくんのデザインはJR東日本「Suica」のペンギンキャラクターを手がけた坂崎千春氏が担当。他には木更津市のきさポン、銚子市の超Cちゃんなどがいる。