弁護士とは何か

「そもそも弁護士ってどんな存在なの?」

普通に暮らしていればなかなか法律事務所にお世話になる機会もないので、そのように感じている人も決して少なくないはず。千葉市には大小さまざまの法律事務所がありますが、一体、そこで働いている弁護士たちは、どんな仕事をしているのでしょうか?

司法試験を突破した法律のプロ

弁護士は一般的に医師試験と同じくらいの難関とされている、司法試験を突破した法律のプロです。それぞれに得意分野はありますが、まず大体の法律的知識は制覇しています。

といって、妙な気後れを感じる必要はありません。どんな弁護士も仕事として事務所を開業しているので、気楽に訪ねていけば、こちらを「ゲスト」として丁寧に扱ってくれます。

刑事事件だけじゃない! 民事事件の強い味方

弁護士のイメージといえば、法廷に出て、弁舌をふるっている姿が思い浮かびます。

しかし弁護士は、必ずしもそういった刑事事件だけを扱うのではありません。民事不介入として警察が立ち入りできない、いわゆる庶民的なトラブルにも、快く手を貸してくれます。相続、離婚、交通事故などはその最たる例で、相談件数も多いトラブルです。必ずあなたの身の回りにも、そういった事件の対処を得意とする弁護士が事務所を構えています。

弁護士さんは、もっと「身近な存在」と考えてOKです。敷居を下げるために、無料法律相談を設けている事務所もたくさんあります。千葉での暮らしには欠かせない存在です。